エピソード

トップ営業マンがよく使う褒め言葉「さしすせそ」とは?例文や注意点など徹底解説

記事公開日:2022/03/17

最終更新日:2022/11/01

トップ営業マンがよく使う褒め言葉「さしすせそ」とは?例文や注意点など徹底解説の見出し画像

「高い営業成績を収めたい」「営業マンとしてもっと活躍したい」といった人は、褒め言葉の「さしすせそ」を身につけることがおすすめです。トップ営業マンは上手に褒め言葉を使い、商談を成功に導きます。

今回は、誉め言葉の「さしすせそ」について解説します。例文や注意点、実際に使えるシーンなどを解説するので、最後まで目を通すと実践でも活用できる誉め言葉が習得可能です。

まずは、褒め言葉の基本的なところから押さえていきましょう。

成績トップ営業マンは「褒め方」まで完璧!

成績トップの営業マンは仕事だけでなく、相手の「褒め方」まで心得ています。相手を褒めるというのは、会話の調子を上げたり、緊張感をほぐしたり、商談をスムーズに進める効果が期待できます。

トップ営業マンは相手を自然に褒められるので心の距離を縮めやすく、商談の成功率も高いです。トップ営業マンを目指す人は、「褒める」というテクニックの習得にも注力しましょう。

成績トップ営業マンの褒め言葉は「さしすせそ」から成り立っている

トップ営業マンの褒め言葉は「さしすせそ」から成り立っています。言葉の意味や使い方を見ていきましょう。

【褒め言葉のさしすせそとは?】

単語意味・例文
・さすがですね
・最高ですね
・知らなかったです。
・すごいですね
・素敵です
・素晴らしいです
・センスがありますね
・そうなんですか

さ・・・さすがですね / 最高ですね

「さ」は「さすがですね」「最高ですね」など、相手の会話に共感しつつ賞賛するときに使います。上から目線にならず、自然に使いやすい言葉です。

<「さ」の例文>
  • なるほど、〇〇があるからこそ御社の従業員の方々は優秀なんですね。さすがです。
  • 〇〇さんは今日のスーツも最高ですね。

し・・・知らなかったです

「し」は「知らなかったです」など、相手を褒めた理由を伝える言葉として使います。褒め言葉に信憑性を持たせ、本心から話していることを伝えられます。

<「し」の例文>
  • 普段から他業種にもアンテナを張って情報収集していますが、〇〇様のおっしゃっていたことは知らなかったです。
  • 私も趣味レベルですが○○をやっていて、まさかそんなテクニックがあるとは知りませんでした。

す・・・すごいですね / 素敵です / 素晴らしいです

「す」は「すごいですね」「素敵です」「素晴らしいです」など、ストレートに相手を褒めるときに使います。相手の使ったワードや表現を交えると、話を理解して褒めていることをアピールできます。

<「す」の例文>
  • もう10年以上続けられているんですか!?すごいですね!
  • ○○様が慕われているのは、先ほどおっしゃっていた「○○」を常に意識していたからなんですね。素敵な習慣です。
  • わずか半年でここまでの成果が得られているのは素晴らしいですね。

せ・・・センスがありますね

「せ」は「センスがありますね」など、相手のスキルや感性といった、これまで積み重ねてきたことを褒めるときに使います。この言葉は相手に興味があることを示せますが、持ち物などを褒めてしまうと「物」に対する褒め言葉になるので注意しましょう。

<「せ」の例文>
  • ○○様のスーツ選びにはセンスが感じられますね。
  • 弊社の○○を選んでいただけるとは、○○様は本当にセンスがおありです。

そ・・・そうなんですか!?

「そ」は「そうなんですか!?」など、相手の話に驚嘆して褒める際に使います。過去の大変だったできごとや努力してきたことなどを褒めるときに使うと、相手に興味がある・理解を示していることをアピールできます。

<「そ」の例文>
  • そうなんですか!?3年前の病気を乗り越えたからこそ、今の健康なお身体があるんですね。
  • そうだったんですね。前職のご経験と現在の努力があったからこそ、ここまでキャリアを積んでこられたんですね。

営業トーク中に「さしすせそ」を使う前に確認したい注意点

指を指す女性の画像

営業トーク中に「さしすせそ」を使う前に、ここから解説する注意点をチェックしておきましょう。「さしすせそ」は、使い方を間違えると逆効果になってしまう恐れがあります。

気持ちを込めて伝える

気持ちを込めて相手を褒めなければ、自分の感情が伝わらないので注意しましょう。褒め言葉は「とりあえず使っておけばいい」というものではなく、自分の感情をより相手に伝えやすくするための言葉です。

以下の点に注意して、褒め言葉の効果が発揮できるようにしましょう。

<気持ちを込める際のポイント>
  • 誉め言葉の棒読みはNG
  • 抑揚を付ける
  • 表情も加え、感情をより相手に伝わりやすくする

心理学上、人は視覚情報・聴覚情報・非言語情報(見た目や表情など)から会話の意図を一致させ、理解するとされています。つまり、褒め言葉を使っていても気持ちがこもっていなければ、こちらの意図は相手に伝わらない可能性があるということです。

言葉に合わせて抑揚や表情などを変え、あらゆる感覚にアプローチするつもりで褒め言葉を使いましょう。

なるべく第3者に対して使うように心がける

「本心から褒めている」ということを伝えるには、第三者に対して褒め言葉を使うことも意識しましょう。営業トーク中に褒め言葉を使っても、「ビジネス目的で褒めている」と考えられるかもしれません。ネガティブなイメージを持たれる可能性があるので、第三者に対しても褒め言葉を使い、「本心から相手を褒める人」という認識を持ってもらうことが大切です。

たとえば雑談の最中に「以前、○○様にもお世話になりまして、本当に助けられました」と第三者に向けて褒め言葉を使います。このような使い方であれば、褒め言葉に真実味が出て、好印象を得られる可能性があります。

乱用しない

褒め言葉を乱用すると、馬鹿にしている印象を与えてしまうので注意しなければなりません。以下のような褒め方は逆効果となってしまう可能性があるのでチェックしておきましょう。

<逆効果となる褒め方>
  • 外見のみを褒める
  • 会話のペースとは関係なく褒める
  • 小さなことを大げさに何度も褒める

褒められた側が嬉しく感じるのは、経験や成果、感性などが認められたときです。どんなことに対しても褒め言葉を使ってしまうと「嘘を言っているのでは」と疑われてしまう恐れがあるので注意してください。

この記事は会員限定です。
無料登録で続きをお読みいただけます。

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。