ファッション・グルメ

スーツのアイロンがけの手順とポイントとは?ジャケットやスラックス、スカート別に紹介!

記事公開日:2022/02/24

最終更新日:2022/02/14

スーツのアイロンがけの手順とポイントとは?ジャケットやスラックス、スカート別に紹介!の見出し画像

「スーツのクリーニング費用を抑えたい」「自宅でスーツをメンテナンスしたい」といった人は、アイロンがけの手順やポイントを押さえておく事が大切です。専門的な知識は必要ないため、アイロンがけが初めての人でも問題ありません。基本的な知識とポイントを理解しながら、自宅でスーツのアイロンがけを実践してみましょう。

今回は、スーツへのアイロンがけに関して、ジャケット・スラックス・スカート別の手順やポイントを解説します。

目次

スーツのアイロンがけ前に確認すべきポイント

スーツのアイロンがけをする際は、事前に4つのポイントを押さえておくときれいに仕上がります。

スーツのアイロンがけポイント①:当て布

スーツのアイロンがけでは、当て布を使うと生地の傷みやテカリを抑えられます。当て布をするとアイロンから伝わる熱が分散されるため、デリケートな繊維でもアイロンがけしやすくなります。ただし、素材に合わない温度でアイロンがけしてしまうと、当て布をしていても傷む可能性があるので注意が必要です。

スーツのアイロンがけポイント②:適切な温度設定

アイロンの適切な温度設定は生地の素材によって異なります。素材別の適切な温度設定は以下のとおりです。

【アイロンの適切な温度設定】

温度設定具体的な温度素材の種類
80~120℃アクリル・ポリウレタン・アセテート
140~160℃毛・絹・ポリエステル・キュプラ・レーヨン・ナイロン
180~210℃麻・綿

スーツの場合は化学繊維(ポリエステル・ナイロン)やウールなどが使われるため、アイロンがけをする際は140℃が目安です。当て布をして素早くアイロンを動かすことで、素材の傷みやテカリを防げます。

スーツのアイロンがけポイント③:押し当て方

アイロンを強く押し当ててしまうと生地の表面がつぶれてしまいます。平らになった表面で光が均等に反射することで、スーツの「テカリ」が発生してしまうため、スーツのアイロンがけは優しく押し当てるイメージで行いましょう。

スーツのアイロンがけは優しく押し当てつつ、同じところを何度も往復しないことがポイントです。万が一テカリが出てしまった場合は、以下の方法を試してみましょう。

<テカリの対処法>

  • スチームアイロンを使う
  • ブラッシングをする
  • お酢を使う

軽度なテカリであれば、ブラッシングによって解消できます。また、お酢には繊維を柔らかくする働きがあり、水と混ぜてテカリ部分を湿らせるとテカリ解消効果に期待できるので、テカリの部分が気になったときはぜひ試してみてください。

スーツのアイロンがけポイント④:アイロンの種類

スーツのアイロンがけをする際は、スチームアイロン(蒸気が出るスチーム機能搭載のアイロン)がおすすめです。前述のとおり、スチームはテカリ解消に期待できます。さらに、熱による殺菌効果も得られるので、普段着のように洗濯できないスーツに適しています。

手軽さを求める場合は衣類スチーマーでも問題ありません。もし、自宅にスチームアイロンやスチーマーがない場合は、以下の方法で代用できます。

<スチームアイロンがない場合>

  • 霧吹きで表面を湿らせてから乾燥させる
  • 水蒸気が充満した風呂場にスーツを吊るし、繊維に水分を吸わせてから乾燥させる

スチームアイロンのようなシワ取り効果は期待できませんが、軽いシワであれば水分を含ませて乾燥させるだけでも取り除けます。乾かすときは直射日光を避け、風通しの良いところを選びましょう。

また、アイロンがけで重要なことは「水分を与えること」です。生地を湿らせると繊維が膨らみ、水分が蒸発する際にシワを伸ばしてくれます。

【ジャケット編】スーツのアイロンがけの手順とポイント

アイロンの画像

ここからは、ジャケットをアイロンがけする際の手順とポイントを6つ解説します。

①必要な道具を用意する

ジャケットのアイロンがけに必要な道具は次のとおりです。

<ジャケットのアイロンがけに使う道具>

  • スチームアイロン(なければ霧吹きとアイロン)
  • 当て布
  • アイロン台
  • ハンガー(アイロンがけが終わったあと、スーツをかけておくため)
  • タオル

温度設定は140℃を目安に、当て布をしながら優しく押し当てるようなイメージでアイロンをかけましょう。何度も同じ場所にアイロンを当ててしまうと、生地を傷める原因となるので注意してください。

②ラインが崩れないように「肩・袖」にアイロンをかける

ジャケットの肩・袖はラインが崩れないようにアイロンをかけましょう。ジャケットはアイロン台へ着せるように置き、肩の上部からアイロンをかけていきます。このとき、肩のラインを崩さないよう、優しく丁寧にアイロンをかけるときれいに仕上げられますが、強く押し当ててしまうと肩にパットが入っていても形を崩すおそれがあるので注意してください。

③左右片面ずつ「前身頃」にアイロンをかける

前見頃(ジャケットの前面部分)は左右片方ずつにアイロンをかけていきます。このときもジャケットをアイロン台へ着せるような形で置くと、アイロンをかけやすくなります。

前身頃はボタンやポケット、ラペル(下襟)などがあり、強く押し当てるとシワを作ってしまうので、優しくプレス(押し当てる)するようなイメージでアイロンをかけてください。襟の部分は裏側からアイロンをかけ、形を整えていきましょう。

④芯地を引っ張りながら「襟」にアイロンをかける

襟の部分は、芯地を引っ張りながらアイロンをかけるとシワが取れやすくなります。襟は構造が複雑なので、以下の手順に沿ってアイロンがけを行いましょう。

<襟のアイロンがけ手順>

  1. 肩の後ろ側から形を整えるようにアイロンをかける
  2. 前側の襟を広げ、裏側からアイロンをかける
  3. 熱が残っているうちに両手で全体の形を整える

注意点として、アイロンを強く押し付けると襟の立体感が崩れてしまうので、優しく押し当てながらアイロンをかけてください。

⑤中央から外側に向かって「背中」にアイロンをかける

ジャケットの背中は、中央から外側に向かって広げるようにアイロンをかけます。この場合も、ジャケットをアイロン台へ着せるように置いておくと、アイロンがかけやすくなります。また、アイロンをもっていない手で背中のシワを伸ばしながらかけると、より効果的にシワが取れるので意識してみてください。

⑥形やラインが崩れないように「腕」にアイロンをかける

ジャケットの腕は、形やラインが崩れないよう優しくアイロンをかけましょう。腕は立体的な形をしており、強く押し付けてしまうと立体感がなくなるため、他の箇所よりも丁寧かつ優しくアイロンがけを行ってください。また、腕の内側に丸めたタオルなどを詰めると、シワも伸びて立体感が保てます。

【スラックス(パンツ)編】スーツのアイロンがけの手順とポイント

ここからはスラックスのアイロンがけについて、手順やポイントを解説します。

①必要な道具を用意する

スラックスのアイロンをかける際は、以下の道具を用意します。

<スラックスのアイロンがけに使う道具>

  • スチームアイロン
  • 当て布
  • アイロン台
  • ハンガー(アイロンがけが終わったあと、スラックスをかけておくため)

ジャケット同様、スラックスも140℃を目安に当て布をしながら優しい力加減でアイロンをかけてください。

②裏地から「腰まわり」をプレスするようにかける

腰まわりは裏地からプレスするようにアイロンをかけていきます。前・後の面を同時にプレスしないよう、スラックスをアイロン台に履かせるようにして置き、片面ずつアイロンをかけることがポイントです。

また、前面にはファスナーがついているので、アイロンにあたらないように注意してください。アイロンの熱で溶けてしまうおそれがあります。

③アイロンを若干浮かせるように「膝」にアイロンをかける

膝部分は、アイロンを若干浮かせるようにかけていきましょう。浮かせながら蒸気をかけることで、生地のたるみ解消効果が期待できます。

また、縫い目やセンターラインがある場合は、これらに沿ってアイロンをかけることが大切です。適当にアイロンをかけてしまうと、スラックスの折り目が複数できてしまうので注意しましょう。

④片手で押さえながら「裾」にアイロンをかける

裾は片手で押さえながら、股下までアイロンをかけます。動かないように固定しておかなければ、たるんだ箇所が新たなシワとなってしまうので注意してください。また、スラックスのセンター(折り目)を意識してアイロンをかけると、次に解説するセンタープレス(折り目付け)がスムーズに行えます。

⑤センタープレスを行う(折り目付け)

最後はセンタープレスを行って、スラックスにきれいな折り目をつけていきましょう。裾の折り目に沿って、アイロンを軽くプレスしていきますが、このときアイロンを滑らせてしまうときれいな折り目がつかなくなるので注意してください。また、折り目をつける際は片足ずつアイロンをかけ、仕上がりを確認しながら行いましょう。

【スカート編】スーツのアイロンがけの手順とポイント

最後に、スカートのアイロンがけの手順とポイントをご紹介します。

①必要な道具を用意する

スカートのアイロンがけを行う際は、以下の道具を用意しましょう。

<スカートのアイロンがけに使う道具>

  • スチームアイロン
  • 当て布
  • アイロン台
  • ハンガー(アイロンがけが終わったあと、スカートをかけておくため)
  • タオル

アイロンの温度設定は他と同じく140℃が目安です。ただし、スカートの裏地には熱に弱い素材が使われていることも珍しくはないため、当て布をしながら温度を下げた状態でアイロンをかけましょう。

②スカートを裏返し腰から裾に向かってアイロンをかける

まずはスカートを裏返し、腰から裾に向かってアイロンをかけていきます。スカートはアイロン台へ履かせるように置くと、アイロンをかけやすくなります。ただし、アイロン台に入らない場合は無理にスカートを通す必要はありません。

アイロンをかける際は、腰から裾へまっすぐ線を引くようにアイロンを動かします。アイロン台を軸に、スカート自体を回しながらアイロンをかけていきましょう。

また、裏地は透け防止などを目的に、表とは異なる素材の生地が使われていることもあります。熱に弱い可能性があるので、低温からスタートして様子を見ながらアイロンをかけることが大切です。

③表側に戻し、気になる部分のアイロンかけを行う

スカートを表側に戻し、気になるシワをアイロンで取り除いていきますが、表側に戻す際、生地がたるんでいないことを確認してください。仮にたるんでいる場合、アイロンをかけたあとに新たなシワができてしまう可能性があります。また、お尻部分など丸みのある箇所は、そのなかにタオルを入れると立体感を保ったままアイロンがけできるので試してみてください。

④横方向へ動かすように「裾」にアイロンをかける

スカートの裾は、横方向へ動かすようにアイロンをかけます。このときも、スカートを回転させながらアイロンをかけると効率的です。

また、空いた片手で裾を固定し、生地がたるまないようにしましょう。横方向にアイロンを動かしていると生地がたるみ、アイロンによるシワができる可能性があります。

綺麗に整えられたスーツで印象力を高めよう

スーツを着た男性の画像

シワや傷みのないスーツは清潔感があるため、ビジネスシーンでは相手に好印象を与えられます。とくに営業職など人に接する機会の多い人であれば、大事なお客様へのアピールにも繋がります。定期的にスーツのメンテナンスを行うことで蓄積されたダメージが軽減され、きれいな状態を保てるので、スーツへのアイロンがけが初めての人は以下のポイントを押さえておきましょう。

<アイロンがけを行う前に押さえるポイント>

  • 当て布の準備
  • 素材に合わせた温度設定
  • アイロンは優しく押し当てる
  • スチームアイロンで生地のシワを取る

とくに複雑なこともなく、何度か実践して慣れていけば短時間で終えられます。自分自身の清潔感を高めるために、休日などを利用してスーツへのアイロンがけを行ってみてはいかがでしょうか。

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。