ツール・ガジェット

厳選!仕事効率化に便利なおすすめビジネスアプリ17選【iPhone・Android】

記事公開日:2021/12/15

最終更新日:2022/01/28

「厳選!仕事効率化に便利なおすすめビジネスアプリ17選【iPhone・Android】」の見出し画像

業種や職種を問わず、現在多くのビジネスマンに仕事の効率化が求められています。会社のためだけではなく、大事な自分の時間を確保するためにも要領よく仕事をこなしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなビジネスマンに活用してほしい、仕事効率化に繋がるビジネスアプリをご紹介します。また、具体的な活用法についても解説していきますので、お困りの方はぜひチェックしてみてください。

仕事効率化に便利なビジネスアプリを導入する3つのメリット

「右手で人差し指を立てるスーツを着た男性」の画像

まずは、ビジネスアプリを使うメリットについて見ていきましょう。「仕事の管理はパソコンや手帳で充分行き届いている」、という方にも、アプリの導入をおすすめしたいのには理由があります。

導入コストが低い

メリットの1つ目はコスト面です。ビジネスアプリには無料とは思えないクオリティのものも数多くあります。また、課金するタイプであっても比較的安価なものが多いため、気になるものがあれば気軽に試せるというメリットがあります。

外出先でも利用可能

ビジネスアプリを使うことで、外出先でも作業ができるようになります。パソコンや手帳よりも手軽で余計なアクションが必要ないため、すきま時間に効率よく仕事を終わらせられます。

特に、ビジネスチャットツールを活用すると、連絡が来た際に通知で知らせてくれるので、外出先でもすぐに返信することが可能です。クライアントからの急な問合せに迅速に対応できれば、顧客満足度もアップするでしょう。

外回りをした後に会社へ戻り、営業日報や経理関連の報告書類を作成することに負担を感じている方も多いでしょう。このような細々としたタスクが移動中に生まれる空き時間に片付くのもうれしいポイントです。アプリを取り入れることで、オフィスという場所の制約も解消されていくでしょう。

スマートフォン1つで管理できる

ビジネスアプリの使用によって、スマホ1つでデータやスケジュールを一括管理し、チーム内の連絡や作業進捗の共有が可能になります。チーム内にリモートワークの社員がいても簡単にデータ共有できるので、オフィスなど決まった場所に行く手間がかかりません。

ペーパーレス化にも貢献し、紙を扱うわずらわしさが軽減されることはもちろん、USBメモリや資料を紛失するリスクも回避できます。机で資料を探す手間と時間は、オンライン上の検索機能でカットしてしまいましょう。

主な仕事効率化アプリの種類

ここからは、仕事の効率化を図るビジネスアプリを以下のタイプ別に分けて紹介していきます。

・タスク管理アプリ

・名刺管理アプリ

・ファイル共有アプリ

・ビジネスチャットアプリ

・メモアプリ

・そのほかのアプリ

業務管理や名刺・ファイルの整理をするという目的に優れたもの、ビジネスチャットやメモ機能として使い勝手が良いものなど、利便性に特化したアプリを厳選しましたので、1つずつ見ていきましょう。

【タスク管理アプリ】おすすめアプリ3選

「紅茶と、スマホを持つ女性の左手」の画像

ToDoリストやプロジェクトのアイディア出しなど、情報管理を効率よく行えるようになるアプリが揃っています。また、社内でタスクを共有する機能によって、プロジェクトの迅速化を図ることも可能です。

Backlog

Backlogは、シンプルで直感的に使えるデザインが特徴のプロジェクト管理アプリです。チームでのプロジェクト管理に重点を置いており、ガントチャートやマイルストーンで進捗状況を可視化できる点が特徴です。

ウェブ制作やソフトウェア開発、大手広告代理店や全国版新聞社などさまざまな業種で使用されており、不動産業界においても社内の進捗管理を効率化させるツールとして重宝されています。

【おすすめポイント】

  • 直感的に使いやすいシンプルなデザイン
  • チームメンバーの作業状況をこまめに共有してプロジェクトの迅速化が可能
  • プロジェクトの進捗状況が一目瞭然

【料金】

利用料2,640円/月〜(複数プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Todoist

Todoistは、タスク管理に特化したアプリです。PC、スマートフォン問わず、多くの端末からタスクの確認や追加を行える点が特徴です。

メールアプリやカレンダーアプリ、ファイル共有アプリをはじめとしたさまざまなアプリとの連携が可能となっています。また、タスクの達成率がグラフで視覚的に表示されるため、進捗状況の管理にも最適です。

アプリ連携により全ての仕事を一元的に管理できるため、多くのお客様を抱える不動産業界の方にもおすすめのツールといえるでしょう。

【おすすめポイント】

  • 直感的なデザインでタスク管理がしやすい
  • アプリ連携でワークフローをシンプルにできる
  • 進捗状況、生産性などの可視化が可能

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Trello

Trelloは、プロジェクトチーム単位での生産性向上に繋がる機能が充実しているタスク管理アプリです。普段使っている付箋のような感覚で、視覚的にタスクを管理することができます。

たとえば不動産営業の方の場合、「未着手」「作業中」「連絡待ち」「完了」とリスト分けをして、現在の進捗状況に合わせてタスクを移動させていくことで、タスク管理の効率化が叶います。また、締切日や顧客情報なども一緒に入力しておくと、大切な情報の抜け漏れも防ぐことが可能です。

有料プランに登録するとさらに使える機能が増えますが、無料版でも使い勝手が良いアプリといえます。

【おすすめポイント】

  • タスクの進捗状況が直感的にわかりやすい
  • プロジェクトチームの生産性の向上につながる
  • 仕事ツールアプリとの連携も可能

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【名刺管理アプリ】おすすめアプリ3選

「名刺交換を行うスーツを着た男性二人の手元」の画像

名刺は紛失するリスクが高く、増えすぎた名刺の管理に困っている方も少なくありません。アプリを使えば名刺を簡単に整理でき、連絡先探しの手間を削減することができます。その分、浮いた時間をほかの業務にあてることができるようになります。

Wantedly People

Wantedly  Peopleは、1度に10枚までの名刺を瞬時にデータ化できる名刺管理アプリです。スマホの連絡先との同期や連絡先の共有、データ移行やExcelへの書き出しといった機能も無料で使うことができます。また、スキャンした名刺データから相手に関する情報にその場でアクセスできるため、お客様との打ち合わせもスムーズに行えるようになります。

名前や会社名はもちろん、部署や役職からの検索ができる点も便利です。セキュリティ性が高いアプリなので、多くのお客様の管理を行う不動産営業の方も安心して使うことができます。

【おすすめポイント】

  • 10名同時にデータ化することができる
  • 名刺交換をしたお客様の情報をさらに知ることができる
  • すべての機能が無料

【料金】

利用料無料
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Eight

EightはビジネスSNSとしての機能が搭載され、名刺交換相手との交流もできる名刺管理アプリです。名刺情報のデータ化についてはAIと手入力を組み合わせた最高水準の技術をうたっており、素早く正確なデータ化を実現しています。

URLやQRを相手に送るだけの「オンライン名刺交換」は、不動産業界をはじめ、テレワークやオンライン商談が可能な業種にぴったりの機能と言えるでしょう。

Eightで繋がった方が転職や昇進などで名刺を変更した際には、その旨を知らせる通知が届きます。これをきっかけに連絡を取り、新たなビジネスチャンスを掴んでいる方も少なくありません。

【おすすめポイント】

  • 「ビジネスSNS」として交流が可能
  • オンラインで気軽に名刺交換ができる
  • 名刺情報更新通知で連絡のきっかけになる

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

myBridge

myBridgeは、LINE株式会社が提供する名刺管理アプリです。アプリ内の名刺管理機能は基本的に無料で、1日に登録可能な名刺の枚数にも上限がありません。文字認識と手作業により、名刺をスマホで撮影するだけで正確にデータ化できるため、名刺情報を簡単に検索することができます。

また、登録した名刺を共有する「共有名刺帳」機能により、自由に名刺の情報をシェアできる点も特徴です。さらにスマホでの着信時に、連絡先を登録していない相手でも名刺情報を表示できるため、不動産業界をはじめ、名刺交換の機会が多い方におすすめしたいアプリと言えます。

【おすすめポイント】

  • 無料で名刺管理、正確なデータ化
  • 「共有名刺帳」で手軽にシェア
  • 着信時に名刺の情報を表示

【料金】

利用料無料
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【ファイル共有アプリ】おすすめアプリ2選

「机の上にある電卓、ボールペン、ファイルなど」の画像

続いて紹介するのは、ファイル共有アプリです。テレワークが普及している現代において、社内でファイルを効率的にやり取りできれば業務は一段と効率化します。ぜひ業務内容や環境に合ったファイル共有アプリをお選びください。

Google ドライブ

Google  ドライブは、Googleが提供する無料のオンラインストレージサービスです。PDFや写真、動画などさまざまなファイルを、15GBまでなら無料で保存することができます。

また、Googleが提供するドキュメントやスプレッドシート、スライドといったアプリとの互換性が高く、その使いやすさも特徴の1つです。チームでのリアルタイムの共同編集に対応しており、業界・業種問わず、幅広い方が活用しているツールとなります。

【おすすめポイント】

  • 15GBまで無料、有料プランでストレージの追加も可能
  • ファイルへのアクセスは暗号化される
  • シームレスな共同編集に対応

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Dropbox

Dropboxは、クラウド上にあらゆるファイルを保存して、職場や自宅など、どこからでも同じファイルにアクセスすることができるオンラインストレージサービスです。ファイルを安全に保管できるだけでなく、ファイルへのアクセスは直感的かつシームレスで検索性にも優れています。

頻繁にアクセスするファイルをリストのトップに表示させる機能を使えば、ファイル探しなどの面倒な作業の時間も減らすことができるでしょう。その分、営業職で特に重要となるお客様に対応する時間を増やすことができるようになります。また、充実したファイルのバックアップ機能のほか、Dropboxアカウントを持っていない方にもファイルを送信して共有できる点も魅力です。

【おすすめポイント】

  • 2GBまで無料、2000GBの有料プランも活用可能
  • どこからでも手軽にアクセスできる
  • ファイルのバックアップのほか、復元機能が搭載されている

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【ビジネスチャットアプリ】おすすめアプリ2選

「デスクでパソコン作業をする人の手元」の画像

続いてのビジネスチャットアプリも、リモートワークが広まった現代では欠かせないツールの1つになりました。メールよりもスムーズなやり取りのみならず、ファイルの共有やタスク管理など機能性にも優れたアプリをご紹介します。

Chatwork

Chatworkは、国内利用者数No.1の中小企業向けビジネスチャットアプリです。おもな機能として、チャット・ビデオ通話・タスク管理・ファイル管理の4つが挙げられます。30万社以上が導入しており、機器の操作が苦手な方でも使いやすいシンプルな機能が魅力です。

社内の情報共有のみならず、社外メンバーが関わるプロジェクトでもスムーズなやり取りが実現します。グループ機能を使うことで、Bccへの入れ忘れや、Ccに誰を入れるべきかという悩みも解消されるでしょう。

また、Gmailやカレンダー、各種SNSといったサービスとの連携により業務効率をさらに高めることができます。サーバーとの通信は完全に暗号化されており、中小企業のほか、大企業や官公庁でも導入できる高いセキュリティ水準であることも魅力の1つです。

ファイルの送受信には容量制限がなく、ファイルを直接シェアすることが可能で、外部のファイルシェアツールを必要としません。不動産業界でも、物件に関する連絡や情報交換が迅速かつ効率的になることから、DX化、IT化の第一歩としてもおすすめです。

【おすすめポイント】

  • 国内利用者数No.1
  • シンプルで操作しやすい機能
  • 高水準のセキュリティ

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Slack

Slackは、プロジェクトチームが一体となって働く環境を整えるビジネスメッセージングアプリです。これまで使われてきたメールは、大量のメッセージにより大切なメールが埋もれてしまいがちでした。Slackでは、手軽でスピーディなやり取りがチャンネルごとに一元化されるため、必要な情報にすぐアクセスすることができます。

メールと違って前置きが不要で本題のみを伝えられるほか、アプリ内での電話会議も可能です。プロジェクトやチーム別にチャンネルを作成することで仕事や情報が整理され、生産性が徐々に向上していきます。このように、コミュニケーション全般をカバー、シームレス化する優秀なアプリです。

チーム内でも、特定のメンバーに通知する形で投稿ができるので、まるで実際に会話しているようなスムーズなやり取りが実現します。メールとは異なり、投稿の優先順位を相手に示せる点は大きなメリットです。また、メンバーのタイムゾーンが表示されるため、海外出張中が多い貿易会社や総合商社に勤める方でも不安なく使用することができるでしょう。

ファイルの共有も会話の流れで素早く送ることができるので、タブやウインドウの切り替えが不要です。情報が一度に全員に共有されるので、チームの生産性をアップさせたいと考える不動産営業の方に欠かせないツールとなるでしょう。

【おすすめポイント】

  • メールの問題点を解消できる
  • 必要な情報にすぐにアクセスできる
  • 情報の全員共有でチームの方向性をそろえられる

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【メモアプリ】おすすめアプリ2選

「パソコンとペンとノート」の画像

社内での進捗状況確認に便利なメモアプリについてもご紹介します。多様な外部アプリとの連携機能もチェックしたいポイントです。

Evernote

Evernoteは、メモやタスク、スケジュールを1ヶ所にまとめられる情報整理アプリです。パソコンやスマホなど、どの端末からも同じ情報にアクセスが可能なほか、自動的に同期するため重要な情報も手軽に確認することができます。また、画像や音声、PDFなども追加でき、情報の整理がしやすく使い勝手の良いアプリとなっています。

紙文書のスキャン、Webページのクリップ、Googleカレンダーとの連携など、仕事の効率化や日々の情報を整理するために必要とされる幅広い機能が魅力的です。また、Webサイトのスクリーンショットに注釈をつけて管理できるのも嬉しいポイントと言えます。

優れたメモ機能が搭載されている方だけではなく、ダブルブッキングなどのトラブルで悩んでいる営業マンにもおすすめのツールと言えるでしょう。

【おすすめポイント】

  • これまでのメモアプリを超える機能が搭載されている
  • さまざまな情報の管理が可能
  • FREE、PERSONAL、PROFESSIONALの3つのプランがある

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

Google Keep

Google Keepは同僚やチームメンバーとの共同作業に適したメモ共有アプリです。メモや写真、音声、イラストを用いて共同作業を進められるほか、共有のToDoリストにその場でチェックマークをつけて進捗状況を共有することができます。

また、パソコンやタブレット、スマートフォンでメモの閲覧や編集が可能です。作成した内容は自動的に保存されるため、複数の端末でも自動的に同期されます。色やラベル、属性によってメモをフィルタリングし、必要な情報に素早くアクセスできる点も見逃せません。

【おすすめポイント】

  • チームの共同作業に最適
  • 複数の端末に自動で同期
  • メモのフィルタリング機能が豊富

【料金】

利用料無料(有料プランあり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【その他】おすすめアプリ5選

ここまでにご紹介したアプリのほかにも、仕事効率化に繋がるおすすめのアプリを5つご紹介します。

【パスワード管理アプリ】1Password

1Passwordは、パスワードを保存・使用するためのパスワード管理アプリです。パスワードの使いまわしはセキュリティ上のリスクが高く、サービスごとにパスワードを使い分ける必要があります、しかしその場合、ツールごとに異なるパスワードの管理に苦労してしまうでしょう。1Passwordを使用することで、さまざまなツールのIDやパスワード情報の一括管理が実現します。

基本的に自分で考えたパスワードを使用しますが、安全性の高いパスワードを自動生成して管理する機能も搭載されており、こちらを使っている方も多いです。クレジットカードやマイナンバー、銀行口座といったパスワード以外の重要情報も管理できるため、プライベートにおいても利便性の高いアプリと言えるでしょう。もちろん、パスワードの共有範囲を細かく設定できるので、ビジネスでの利用にも適しています。

【おすすめポイント】

  • すべてのパスワードを一元的に管理
  • パスワードの自動生成で安心
  • 社内での共有も簡単

【料金】

利用料有料(2.99ドル/月〜)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【コンビニプリントアプリ】netprint

netprintは、パソコンやスマートフォンのデータを全国のセブンイレブンで簡単に印刷することができるプリントアプリです。ExcelやPDF、画像ファイルなど幅広いファイルに対応しており、コンビニプリントなので24時間365日いつでも印刷できる点がメリットです。

印刷したいファイルをアプリへアップロードして、表示されるプリント予約番号をセブンイレブンのマルチコピー機に入力するだけで印刷できます。個人の利用だけではなく法人契約もあるため、オフィスにプリンターを置かず、コンビニプリントで対応するという使い方も可能になります。

【おすすめポイント】

  • 全国のセブンイレブンで利用可能
  • 24時間365日いつでもOK
  • 操作方法が簡単

【料金】

利用料無料(印刷代は別)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【スキャナーアプリ】Microsoft Lens

Microsoft Lensは無料のスキャナーアプリです。書類や名刺といった紙媒体をスマートフォンで撮影し、画像ファイルやPDFなどのファイル形式で保存できます。

カメラで撮影した書類画像のゆがみを自動補正するため、スキャナーで取り込んだファイルのようにデータを作成することが可能です。外出先などでも手軽に資料をデータ化できるため、さまざまなビジネスシーンで使用する機会が多いツールと言えるでしょう。なお、iOS、Android、Windowsいずれにも対応していますが、Windows版は年内でサービスを終了する予定となっているため注意が必要です。

【おすすめポイント】

  • 外出先でも手軽にスキャン
  • スキャナーで読み取った書類のように自動で補正
  • 保存形式も選べる

【料金】

利用料無料
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

【地図情報管理アプリ】営業くん2

営業くん2は、地図ベースで顧客情報を管理したい営業マンにおすすめのアプリです。営業活動における訪問日時、場所をアプリの地図に登録することで、顧客との商談内容や配布物などの管理が可能です。

訪問頻度によってマップ上のピンの色が変わり、視覚的に営業の効率化を図ることができるという営業マンには欠かせないアプリとなっています。地図を一目見るだけでしばらく訪問できていないクライアントを把握できる機能は多くの不動産営業マンに喜ばれています。

【おすすめポイント】

  • 地図ベースで営業活動を管理できる
  • 会話内容や配布物をメモできる
  • 訪問頻度が一目でわかる

【料金】

利用料無料
対応OSiOS

【公式サイト】

【間取り作成アプリ】MagicPlan

MagicPlanはスマホで簡単に見取り図を作成できる、不動産業界の方にもおすすめのアプリです。エディタを用いて部屋を描くだけでなく、カメラを使って部屋の角や空間を認識し、図面を自動生成することができる優れものです。

作成した図面には家具などを配置して、3Dビューで表示させることができます。部屋のイメージをスマホで手軽に作ることができる画期的なアプリといえるでしょう。

【おすすめポイント】

  • スマホだけで見取り図を作成できる
  • キャプチャ機能で図面の自動生成が可能
  • イメージしやすい3Dの表示ができる

【料金】

利用料無料(アプリ内課金あり)
対応OSiOS/Android

【公式サイト】

※リンク先は英語表記です

便利なアプリで仕事の効率をアップさせよう

「左手で指をさすスーツを着た男性」の画像

今回は、仕事効率化の実現に役立つさまざまなアプリをご紹介しました。無料アプリも数多くあるので、まずはお気軽に試してみてはいかがでしょうか。日々の仕事に役立つアプリを使用し、業務の効率化や生産性の向上を目指しましょう。

※本記事に掲載のアプリ情報は2021年12月21日現在のもの(CHINTA調べ)です。

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。