エピソード

不動産賃貸営業が難しいと感じる理由とは?面白さや向いている人についても解説!

記事公開日:2022/04/07

最終更新日:2022/11/01

不動産賃貸営業が難しいと感じる理由とは?面白さや向いている人についても解説!の見出し画像

不動産営業の仕事に興味はあるものの、「賃貸営業はハードワークと聞いて不安」「怖い業界だったらどうしよう」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。漠然とした印象で足踏みしている人は、難しさ・面白さを具体的に理解することで悩みが解決できるかもしれません。

今回は、不動産賃貸営業という仕事を難しさ・面白さの2つの面から解説していきます。また、実際に不動産賃貸営業として働いている人にインタビューした内容も載せていますので、現場の声を参考に、自分に向いているかどうかを確認してみましょう。

不動産賃貸営業は難しい?

不動産賃貸営業はなぜ難しいとされているのか、まずはその理由を3つ解説します。

難しいと感じる理由①:ノルマ達成

不動産賃貸営業において、心身ともに負担となるのが「ノルマの達成」です。定期的にノルマが課され、それを目標に仕事へ取り組まなければなりません。未達成の場合は給与・ボーナスなどにも影響するため、精神的にプレッシャーがかかります。ノルマ未達成の状態が続いていれば残業時間が増えるおそれもあり、身体的な疲れも溜まっていきます。

難しいと感じる理由②:コミュニケーション

不動産賃貸営業は多種多様な人とコミュニケーションを取る仕事であり、神経を張り巡らせる場面も少なくありません。相手に合わせて話し方や内容を変え、契約に繋げなければなりません。営業トークを磨いたり、コミュニケーションスキルをアップさせたり、日々の努力が必要です。

また顧客にとって、賃貸契約は決して安い買い物ではありません。ちょっとした勘違いから大きなクレームに繋がることもあり、このような場合もコミュニケーション能力が試されます。あらゆる場面でコミュニケーションが必要とされるため、苦手な人にとっては精神的な負担を感じてしまうかもしれません。

難しいと感じる理由③:予測して動く

不動産賃貸営業は予測して動く能力も必要とされ、そのための準備に追われることがあります。たとえば内見の予約が入っていた場合、希望条件に合わせた賃貸物件をピックアップして資料を用意します。

さらに、内見時の受け答えや、良い反応をもらえなかったときの対応策なども考える必要があり、「予測して動く」という作業は決して簡単ではありません。他の事務作業も並行して取り組まなければならず、同日に複数の顧客対応が控えている場合は残業が発生する可能性もあります。

難しいだけではない!不動産賃貸営業の面白さ

不動産賃貸営業には他の業種・職種にはない面白さもあります。難しいだけの仕事ではないので、不動産営業を目指す人はぜひチェックしてみてください。

賃貸営業の面白さ①:ノルマ達成した瞬間

営業ノルマの達成は難しいものですが、達成した瞬間の喜びは不動産営業にとって面白さ・やりがいへ繋がります。個人でのノルマ達成はもちろん、店舗としてのノルマがある場合は、一緒に働く他の従業員と喜びを分かち合えます。

また、不動産関連の企業ではインセンティブ(報奨金)が導入されているケースもあり、ノルマ達成で給与アップも夢ではありません。明確な数字として自分のスキルアップを実感できるため、営業ノルマはモチベーションアップに繋がります。

賃貸営業の面白さ②:さまざまな人と話すことができる

不動産賃貸営業は年齢や職種などが違う人と話す機会が多く、コミュニケーションそのものを楽しめる仕事です。なかには気難しい人や自分にとって苦手な人などもいますが、コミュニケーションスキルを磨けば会話自体を楽しめます。

また、賃貸物件の紹介というのは、お客様の人生の一部を垣間見る仕事です。社会人になりたてで一人暮らしを始める人、結婚して新しい賃貸物件を探す人など、多種多様な人と出会えます。案内の際は雑談の中で仕事や趣味の話をすることもあり、こうした数々の出会いは不動産賃貸営業ならではの面白味です。

賃貸営業の面白さ③:お客様の悩みが解決された瞬間

不動産賃貸営業では、お客様の悩みが解決された瞬間に「やりがい」を感じられます。賃貸物件を紹介する際、事前のヒアリングでお客様の求める条件を確認します。このとき提示される条件の裏側には、以前住んでいた物件のネガティブなポイント、どうしても避けたい条件など、悩み・課題が隠れているかもしれません。

お客様に寄り添って悩みや課題を洗い出し、解決に導くことができれば感謝の声も増えます。契約成立以外の部分に喜びを実感でき、「次のお客様にも喜んでもらおう」という前向きな気持ちで仕事へ取り組めます。

不動産賃貸営業が向いている人

ここでは不動産賃貸営業が向いている人の特徴をピックアップしていきますので、自分に合った仕事かどうか見極めましょう。

【不動産賃貸営業が向いている人】

向いている人の特徴向いている理由
ストレス耐性が強い人営業ノルマやクレームなどにへこたれず、仕事を続けられる。
気持ちの切り替えが得意な人上司からの𠮟責や顧客からのクレームがあっても、気持ちを切り替えて自分のやるべき仕事に取り組める。
将来的に具体的な目標(収入やキャリアなど)がある人不動産賃貸営業は定量的に自身の能力が反映されるため目標までの距離が明確になり、モチベーションを維持しやすい。
コミュニケーションに楽しみを見出せる人相手がどんな人でも楽しみながら仕事に取り組める。
段取りが上手な人複数の顧客を抱えていても、タスクの優先順位をつけてスムーズに仕事がこなせる。

不動産賃貸営業の場合、対応した顧客のスケジュール(入居日や契約日、内見日など)を把握しておく必要があります。さらに、顧客対応をしていないときは、メールチェックや賃貸物件の登録、物件写真の編集など事務作業も行います。トラブル発生の可能性も頭に入れつつ、それぞれのタスクをスムーズにこなせるよう、スケジュールの調整力が求められる仕事です。

この記事は会員限定です。
無料登録で続きをお読みいただけます。

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。