YouTubeチャンネル

【接客のタネ】不動産営業をもっと楽しくテクニカルに! ゲスト/Wマコトさん #2

記事公開日:2022/02/04

最終更新日:2022/04/25

【マスク時代必見!】不動産営業でマスク越しのコミュニケーションの取り方/接客のタネ Wマコト#02の見出し

不動産業界以外の方をゲストでお招きし、 他業界のプロ目線で様々なアドバイスを頂く企画です。 二人目は、元芸人、現在はお笑いとコミュニケーションを結びつけた 講演や研修を全国で行っている「Wマコト」さんです!

「元芸人」の目線から不動産業界について色々聞いていきたいと思います。 全部で5本の、2本目! どうぞご覧ください。

【質問】コミュニケーション力や、印象を良くするために参考にしている人や本が知りたいです!

Wマコト/中原
Wマコトの「笑いの力」という本がありまして…

Wマコト/中山
急に宣伝?!恥いわ!違う誰かの、ってことね。

一流芸人さんのコミュニケーションややっぱりすごいんですよそうなんですよ。そこはすごく参考にさせていただいております。
例えばそこに30人いたとするじゃないですか、すると30人の目線をちゃんと持ってるんですよね。ああ、あの方は今喋れてないとか、輪に入れてないとかそういうところまで配慮されるんですよ。
いかに相手目線が大事かっていうのを一流芸人さんは大切にされているので、この方は今どういう状況なのかどういう心境なのかというところをやっぱり意識されている一流芸人さんに参考にさせて頂いてます。

Wマコト/中原
俯瞰的に見れているというか。なので本当にこのコミュニケーションの今のお悩みでいうと番組MCを目指されたらいいんじゃないかと思うんですよね。タイムキープしながら皆さんともコミュニケーションを図りながら、なお且つその向こうのお客さんも見えているのでそういった部分まで相手目線で意識するコミュニケーションは相当大事かなと思いますね。

僕なんか好きな格言で「最初は冒険だった。でもそれはのちのち常識に変わっていった」という。

Wマコト/中山
これは誰の?

Wマコト/中原
有名な万引き主婦が言っていました。

Wマコト/中山
万引きは常識なっちゃいかんよ(笑)

【質問】接客中にお客さんに気まずさを与えず、安心して話してもらえるような空間の作り方を教えてください。

Wマコト/中原
確かに案内の車中でも静かで気まずい空気になったりしますよね。
答えとしては、うっすらミスターチルドレンを流しておいてください。

笑をとるWマコトの画像

一同
wwwwwwwwwwwww

Wマコト/中山
僕らがすごく大切にしているのは、「空気って何なのか」っていうところなんですよ。

空気って何なのかいうと、空気の正体って「感情の集積」なんですよ。一人一人の感情の集まりが空気を作っているので。接客中だったらいかにお客様が今どういう感情で何を求めているのか、ということを察知しながら行動したりコミュニケーションを図るとその方、安心して、この方だったら安心できるな、快適だなって思ってもらえる。

コミュニケーション力って問題発見力のことなので、相手がどういう問題を抱えているのかなとかどういうことを求めてるのか、ということに常にアンテナを張ってたら素敵な空間になるかなと思いますね。

CHINTAI玉井
相手のことを考えるためには相手のことをちゃんと知ろうよってことですね。

【質問】みんながマスクをするようになってコミュニケーションで変えたことはありますか?

笑うWマコト

マコト/中原
「マスク越しでも表情で伝わる」というのが、それは間違いないですね。

Wマコト/中山
実は、伝わってないケースだとしたらしっかり表情というものを意識的に発信できてないっていう感じですね。ですから伝える側としてはマスク越しでも笑顔は伝わると喜怒哀楽を伝わるという思いで、特に芸人さんなんかもそうですよね。やっぱり大げさに、マスクしてるのであれば3割増しぐらい表情を作っていくと相手にちゃんと伝わります。

マコト/中原
体中の筋肉の中で顔の筋肉が一番使えてないらしいですね。そういった表情筋を放すことを普段から意識していると、マスク越しでもきっといい表情になるんじゃないかな。

Wマコト/中山
逆に受診される方の反応が見えないと、こちら側が意識して発信されてない場合はそういう場合、確認の徹底ってすごく大事になってきます。そこで自分で思い込みでコミュニケーションを進めるとボタンの掛け違いと一緒でなかなかうまくコミュニケーションを図れない状態になってしまう。

CHINTAI玉井
何かやっぱりちゃんと確認することは悪いことじゃないから、確認をしながら相手の情報の受け取り方を見てこっちはできるだけオーバーリアクション伝える形がいいのかなって思いました。

マコト/中原
お客様で表情・反応ない方がいらっしゃると思うので、そこを確認しながら、こっちは過剰に表情を意識しましょう!

話をお聞きした人

Wマコト:中原誠さん・中山真さん

吉本興業の劇場を中心に漫才活動などを経て、放送作家に転身。現在は、日本初の漫才式セミナー講師として、「笑い」を活用したコミュニケーション術の第一人者として全国の企業・病院・学校などで毎年200回以上の研修・講演を行っている。

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。