ツール・ガジェット

モバイルモニターのおすすめを厳選紹介!選び方や使い方なども解説

記事公開日:2022/06/23

最終更新日:2022/06/15

モバイルモニターのおすすめを厳選紹介!選び方や使い方なども解説の見出し画像

ノートパソコンで作業をしているとタブをいくつも開いてしまい、必要なページが埋もれてしまうことがあります。画面を行き来するのは面倒で、作業効率も下がってしまいますが、そのようなときに活躍するのがモバイルモニターです。

モバイルモニターを活用すれば、作業スペースが増えて作業の効率化が叶います。また、映画やゲームなど仕事以外にも使える便利なツールです。今回は、モバイルモニターの選び方や使い方について解説していきますので、お悩みの方はぜひチェックしてみてください。

モバイルモニターの選び方

通常のモニターとは違い、持ち運びがスムーズにできるのがモバイルモニターの特徴です。パソコンやスマホと接続すれば、取引先でのプレゼンや会議に使用できる他、リモートワークや出張先でのサブディスプレイとしても活躍します。

据え置き型のモニターと違い、コンパクトで持ち運びができるので、限られたスペースでも効率よく作業できるのがポイントです。スマホやゲーム機と接続すれば、大画面で動画やゲームを楽しむこともできます。

モバイルモニターとタブレットは似ていますが、モバイルモニターにはOSが搭載されておらず、パソコンやスマホなどと接続をして、ディスプレイとして使用します。モバイルモニターは大きさや仕様も異なり、さまざまな種類が発売されているので、以下の5つのポイントに注目して選びましょう。

  1. サイズや重さ
  2. 解像度(画質)
  3. 接続方法
  4. バッテリー内蔵の有無
  5. 機能性

それぞれ詳しく解説します。

モバイルモニターの選び方①:サイズや重さ

モバイルモニターの画面サイズは、主に13.3インチ、15.6インチ、17.3インチの3つです。なかには10インチの小型サイズや、20インチといった大型のものもあります。

外出先の使用がメインであれば、13.3インチのモバイルモニターがおすすめです。持ち運びもしやすく、大きさもA4サイズ程度なので、仕事用のバッグにも収納できます。ノートパソコンと一緒に持ち運ぶため、13.3インチのモデルを使う方も珍しくありません。

持ち運びではなく画面の大きさを重視する場合、17.3インチ以上のモデルがおすすめです。重さがあるため持ち運びには向いていませんが、プレゼンや数人での打ち合わせ、自宅での動画視聴やゲームの際に活躍します。

持ち運びと画面の大きさの両方を重視する場合は、15.6インチのモバイルモニターを選ぶと良いでしょう。13.3インチモデルよりも画面が見やすく、文字も大きく表示されます。しかし、重さが1kg近くあるため、持ち運びしにくい点に注意が必要です。

モバイルモニターの選び方②:解像度(画質)

モバイルモニターで何を映したいのかを考えて、画質を選びましょう。モバイルモニターの解像度には、フルHD(1920×1080)を中心に、2K(2560×1440)や4K(3840×2160)があります。

WordやExcelなど仕事で使う場合は、フルHDのモバイルモニターでも十分な解像度です。2Kや4K対応モデルに比べ、価格も抑えられます。

一方、ゲームや動画視聴をメインとしている場合は、2Kや4Kの高解像度モデルがおすすめです。画面がきめ細かいため、高画質で映像を楽しむことができる他、動画や写真を編集したいときにも便利です。ただし、価格帯はフルHDよりも高くなるため、目的に適した解像度のモバイルモニターを選びましょう。

モバイルモニターの選び方③:接続方法

モバイルモニターの接続方法には、「USB Type-C」「HDMI」の2種類があります。

■USB Type-C

近年発売されているモバイルモニターは、USB Type-Cに対応しているものが多いです。ノートパソコンにもType-Cのポートがあれば、ケーブル1本でモニター出力と給電ができます。ケーブルを複数持ち運ぶ必要がなく、荷物がコンパクトにまとまります。

■HDMI

モバイルモニターで一般的に採用されている接続方法がHDMIです。転送速度が速いため、ゲームや動画視聴におすすめです。HDMIは標準HDMI・ミニHDMI・マイクロHDMIの3種類があるので、別途購入する際には一度確認をしておきましょう。

モバイルモニターの選び方④:バッテリー内蔵の有無

外出先で使用する機会が多い場合、バッテリー内蔵モデルがおすすめです。電源を確保する必要がないため、場所を問わず作業ができます。購入の際には、連続駆動時間を確認しておきましょう。

モバイルモニターの選び方⑤:機能性

モバイルモニターには、以下のような機能を備えたものがあります。

  • タッチパネル
  • スタンド機能

タッチパネル操作は、スマホやタブレットのように操作できます。ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小したり、画面をスワイプしたりできるため、プレゼンや会議にも重宝します。

モバイルモニターをデスクに置く場合は、スタンド機能がついたものを選ぶのがベターです。本体背面についているタイプや、ケースがスタンドになるタイプなどさまざまですが、持ち運びが多いなら画面の保護もできるスタンドケースがおすすめです。

モバイルモニターのおすすめ8選

ここからは、ビジネスマンにおすすめのモバイルモニターを紹介していきます。

  1. EVICIV「モバイルディスプレイ 15.6インチ ゲームモニター」
  2. ASUS「ZenScreen Touch MB16AMT」
  3. cocopar「15.6インチ 非光沢IPSパネル ZB-156」
  4. 山善「モバイルモニター QMM-156R」
  5. DELL「Dell コラボレーションシリーズ C1422H」
  6. Innocn「PF15-PRO」
  7. IODATA「LCD-MF161XP」
  8. LG「16MQ70」

上記の8つは値段や機能性がそれぞれ異なるので、気になるものがあれば一度検討してみてください。

EVICIV「モバイルディスプレイ 15.6インチ ゲームモニター」

15.6インチの大画面と解像度フルHDで、プレゼンや作業、動画視聴やゲームにも最適なモバイルモニターです。Type-C対応で、ノートパソコンやスマホ、ゲームもケーブル1本で接続できます。

【EVICIV EVC-1506】

価格(税込)22,980円
モニターサイズ15.6インチ
重さ約658g
解像度フルHD
入力端子標準HDMIUSB Type-C
タッチパネル×

大画面ながら重さは600g台、薄さ11mmなので持ち運びのしやすさが特徴。入力端子は、標準HDMI・USB Type-Cの2種類が搭載されているので、幅広い機器に接続できます。モニターは縦置きにも対応しており、文書作成や資料提示の際に便利です。

【おすすめポイント】

  • 大画面ながら軽量
  • Type-Cケーブル1本で接続できる
  • モニターは作業に応じて横にも縦にも置ける

ASUS「ZenScreen Touch MB16AMT」

バッテリー内蔵で、1回の充電で最大4時間使用できます。充電速度も速いため、外出先での使用におすすめのモバイルモニターです。折りたたみ式のケースは、スタンドとしても使えます。

【ASUS MB16AMT】

価格(税込)49,320円
モニターサイズ15.6インチ
重さ約900g
解像度フルHD
入力端子Micro HDMIUSB Type-C
タッチパネル

10点マルチタッチ機能により、ディスプレイを直感的に操作可能です。さらに、専用のZenScreen Touchアプリをダウンロードすれば、Androidスマホの画面を表示、さらに操作できます。他にも、ブルーライト軽減機能や画面表示の自動回転など、快適な使用に導く機能がついています。

【おすすめポイント】

  • 反応の良いタッチ操作
  • 7800mAhの大容量バッテリー内蔵
  • Micro HDMI とUSB Type-Cでさまざまなデバイスに接続可能

cocopar「15.6インチ 非光沢IPSパネル ZB-156」

映り込みや光の反射を抑える非光沢パネルで、長時間の作業にも疲れにくいモバイルモニターです。重さは650g、カバー付きで約1kgと持ち運びしやすく、営業や出張での使用におすすめです。

【cocopar ZB-156】

価格(税込)20,990円
モニターサイズ15.6インチ
重さ約650g
解像度フルHD
入力端子Mini HDMI USB Type-C
タッチパネル×

背板はガラス、ロゴのないすっきりとしたデザインです。モニターの下側に滑り止めゴムがついているので、新幹線のテーブルのような少々不安定な場所でも作業や動画視聴ができます。また、汎用性の高いUSB Type-C搭載で、スマホやノートパソコン、Nintendo Switchにも接続できます。

【おすすめポイント】

  • シンプルかつ高級感あるデザイン
  • 非光沢パネルで長時間作業にもおすすめ

山善「モバイルモニター QMM-156R」

国内メーカー山善の多機種対応モバイルモニター。HDMI ケーブル1本、USB Type-Cケーブルが2本付属しているので、届いた日からすぐにゲーム機やノートパソコンに接続できます。

【山善 QMM-156R】

価格(税込)20,240円
モニターサイズ15.6インチ
重さ約800g
解像度フルHD
入力端子Mini HDMI USB Type-C
タッチパネル×

表裏に溝がなく、プレゼンや会議にも溶け込むスタイリッシュなデザインです。素早い動きにも対応した応答速度と鮮やかなパネルで、ゲームや動画視聴も快適に楽しめます。外出時の持ち運び、在宅ワーク時のデュアルモニター、趣味のゲームと、あらゆる場面で使用できるモバイルモニターです。

【おすすめポイント】

  • ケーブル付属でさまざまな機器にすぐに接続できる
  • 仕事にもプライベートにも適した鮮やか画面

DELL「Dell コラボレーションシリーズ C1422H」

コンパクトな14インチモニターで持ち運びがしやすく、本体のみで角度調整が可能です。画面は明るい場所では反射を抑え、暗い場所では輝度調整により、屋内でも屋外でも映像や写真を鮮やかに映し出します。

【Dell C1422H】

価格(税込)29,800円
モニターサイズ14インチ
重さ約590g
解像度フルHD
入力端子USB Type-C
タッチパネル×

約590gと軽量で、ケースがなくても10〜90°まで角度を調整できます。また、USB−Cポートを両側に備えた設計で、ノートパソコンの左右、後ろにも設置可能です。位置関係を気にせずにモニターを置くことができ、ユーザーの快適な使用をサポートしています。

【おすすめポイント】

  • コンパクトサイズで持ち運びに便利
  • 本体単体で角度調整できる
  • 両側にUSB−Cポートがついている

Innocn「PF15-PRO」

5000mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、連続駆動時間は最大4時間。電源ケーブルが取れない場所でも使用できます。また、モバイルバッテリー代わりに、スマホへの充電も可能です。

【Innocn PF15-PRO】

価格(税込)
モニターサイズ15.6インチ
重さ約1080g
解像度フルHD
入力端子Mini HDMUSB Type-C
タッチパネル

こちらのモニターはスマホ感覚で操作ができるため、資料作成やプレゼン、画像や写真編集もしやすいです。最適な輝度に調整、色を忠実に再現した画面で、映画やゲームも鮮やかに映し没入感を高めます。またブルーライトの軽減や、画面のちらつきをカットするフリッカーフリーで、長時間の作業や動画視聴の負担を軽減します。

【おすすめポイント】

  • バッテリー内蔵でどこでも作業できる
  • 鮮やかな画面
  • 目にやさしいモバイルモニター

IODATA「LCD-MF161XP」

10段階のエンハストカラー機能で、コンテンツや映したいものに合わせて適した色味に調整可能です。専用のキャリーケースは3段階の角度調整ができ、画面保護とスタンド機能の両方の役割があります。

【IODATA LCD-MF161XP】

価格(税込)29,800円
モニターサイズ15.6インチ
重さ約900g
解像度フルHD
入力端子Mini HDMUSB Type-C
タッチパネル×

超解像技術により、SD画質も鮮明に再現。WEB・あざやか・ゲーム・標準の4つの画面モードがあり、コンテンツに応じて見やすい画質を表示できます。また、パソコンと連動することでモニターの電源を自動でオフにするなど、無駄な消費電力をカットする省電力機能付きです。

【おすすめポイント】

  • 資料や動画に合わせた最適な画面表示
  • 超解像技術で映像を鮮明に映し出す
  • パソコンと連動して節電

<h3>LG「16MQ70」</h3>

16インチの大画面ながら、重さ約670g、カバースタンドと合わせても約990gと軽量で薄型なモバイルモニターです。出張や営業先にも荷物にならず、持ち運びやすさも見逃せないポイントです。

【LG 16MQ70】

価格(税込)40,727円
モニターサイズ16インチ
重さ約670g
解像度WQXGA(2560×1600)
入力端子USB Type-C
タッチパネル×

フルHDの約2倍の情報を表示できる、高解像度WQXGA(2560×1600)を採用。美しい映像表示で、映画やゲームはもちろん、動画・写真編集まで快適に作業ができます。

また、両側にType-Cポートが設置されているので、相手にモニターを見せながら打ち合わせをするなど、環境に合わせて自由に置くことができます。またオートピボット機能付きで、本体の向きに応じて画面が縦・横に自動で切り替わるのもポイントです。

【おすすめポイント】

  • 16インチで1kg以下の軽量モニター
  • 高解像度WQXGA
  • 画面が自動で切り替わるオートピボット機能

できるビジネスマンのモバイルモニターの使い方

モバイルモニターは、ノートパソコンのサブディスプレイとして活用することで、作業効率を高められます。PDFをWordやExcelへ書き写す際、複数のタブを開いて画面を行き来する必要がありません。また、編集中のファイルを保存せずに閉じてしまうミスも減らせます。

上記の他にも、お客様へ説明するときもモバイルモニターは活躍します。たとえば不動産仲介営業の場合、お客様に部屋の写真や資料を大画面のモニターに映しながら説明すれば、お客様の理解度や契約意欲が高まるかもしれません。そして、オンライン内見時にはモニターにメモや資料を映しながらの案内が可能になり、スムーズに説明を行えるのもモバイルモニターを活用するメリットのひとつといえます。

モバイルモニターは営業パーソンに必要なアイテム

営業マン女性の画像

持ち運びができるモバイルモニターは、外出先での資料提示に便利です。会社や在宅ワークの場合でも2画面で作業ができるため、仕事の効率がアップします。

モバイルモニターは、画面サイズや重さ、解像度や機能などが製品によってそれぞれ異なります。今回ご紹介した5つの選び方を参考にして、自分の目的に合ったモバイルモニターを選びましょう。

※記事内にある価格は2022年5月25日現在のもの

「CHINTAI JOURNAL編集部」の画像

CHINTAI JOURNAL編集部

この記事を書いた人

CHINTAI JOURNAL編集部は、営業活動に役立つ情報や業務効率化するための工夫をはじめとして、賃貸仲介業務に「おもしろさ」と「ライフハック」を提供します。